情報公開

■建学の精神と大学の目的

1.建学の精神

①自学 ②挑戦 ③創造 ④貢献
①「教育を受ける」にとどまらず、自ら学ぶ人間になる。
②指示待ち人間ではなく、自らの判断で一歩前に踏み出す勇気のある人間を目指す。
③物事の大小を問わず、それぞれの分野、職業で独創性、創造性を発揮する人材となる。
④地域、日本、世界で活躍し、社会の発展に寄与する人間となる。

2.大学の目的

開志専門職大学(以下「本学」という。)は、 専門分野における高度で実践的な専門性を身に付けると同時に、変化に対応する能力や生涯にわたり学び続ける力を備え、創造力と実践力をもって、新たな価値の創造を先導する人材を育成することにより、地域、日本、世界の発展に寄与することを目的とする。

3.学部・学科の目的

(1) 事業創造学部
 事業創造学部では、組織として教育研究対象とする中心的な学問分野を「経営学分野」として、「経営分野の専門的な知識と技術及び技能の定着と実践力の深化を図り、実社会や職業とのかかわりを通して、高い職業意識や職業観と規範意識、人間関係力に根ざした実践力を高めるとともに、課題を探求し解決する基礎的な能力を養い、地域の資源を新商品や新サービスの開発に活用できる創造的な能力を育てる」ことを教育上の目的とする。
 事業創造学部では、「職業人としての倫理観や道徳意識、起業家精神などを身に付け、起業家、事業承継者、企業内起業家として、事業活動や商品開発を行うために必要となる専門的な知識と能力に加えて、地域の魅力や特徴に関する知識を有し、地域の資源を新商品や新サービスに活用するための能力と消費者の視点に立って正しく問題を解決するための考え方を身に付けて、地域経済の活性化に貢献できる人材」を養成する。
(2)情報学部
 情報学部では、組織として教育研究対象とする中心的な学問分野を「情報学分野」として、「情報分野の専門的な知識と技術及び技能の定着と実践力の深化を図り、実社会や職業とのかかわりを通して、高い職業意識や職業観と規範意識、人間関係力に根ざした実践力を高めるとともに、課題を探求し解決する基礎的な能力を養い、情報技術を生活様式や様々なサービスなどの充実と向上に活用できる創造的な能力を育てる」ことを教育上の目的とする。
 情報学部では、「職業人としての職業観や倫理観、豊かな人間性とともに、情報技術者としての専門的な知識や技能と実際に活用する能力に加え、地域社会や産業界を取り巻く現状に関する知識を有し、正しく問題を解決するための考え方とユーザーの視点に立った新商品や新サービスを企画・開発するための基礎的な能力を身に付けて、地域社会の情報化に貢献できる人材」を養成する。

■3つのポリシー

■学則

■教育研究上の基本組織

1.大学組織

2.学部・学科名

  • ・ 事業創造学部 事業創造学科
  • ・ 情報学部 情報学科

■教員に関する情報

1.教員構成

学部等の名称 専任教員
教 授 准教授 講 師 助 教 助 手
事業創造学部 事業創造学科 10 6 2 1 1
情報学部 情報学科 12 0 3 1 2
22 6 5 2 3

2.年齢構成

学部等の名称 専任教員
29歳以下 30~39歳 40〜49歳 50〜59歳 60〜64歳 65〜69歳 70歳以上
事業創造学部 事業創造学科 0 2 3 6 4 2 3
情報学部 情報学科 2 3 1 6 3 2 1
2 5 4 12 7 4 4

※年齢は2020年4月1日時点。

左右にドラッグしてご覧ください

3.教員一覧

■入学者・学生に関する情報

1.入学者受け入れの方針

2.入学定員・収容定員

学部等の名称 入学定員 収容定員
事業創造学部 事業創造学科 80名 320名
情報学部 情報学科 80名 320名

3.入学者数・在籍者数

学部等の名称 入学者数 在籍者数
事業創造学部 事業創造学科 72名 72名
情報学部 情報学科 80名 80名
左右にドラッグしてご覧ください

4.卒業者数等

※2020年4月1日開学のため、現在のところ卒業生実績なし。

■授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業の計画

1.教育課程編成・実施の方針

2.シラバス

新しく画面が開きます。遷移先の画面にて検索をお願いします。

3.科目一覧

4.実務経験のある教員等による授業科目

■学修の成果に係る評価及び卒業認定の基準

1.学位授与の方針

2.卒業要件・成績評価基準

■校舎等の施設

■授業料・入学料等

■学生の修学、進路選択及び心身の健康等に関する支援

入学、学習、企業内インターンシップ、就職まで一貫したつながりによりサポートに努めます。安心して学習に集中するためのサポート体制を整えています。

  • ・ 学修支援システムの導入やOfiice365の導入、オンライン授業などICTの活用でスムーズな学びを支援
  • ・ 図書館(紫竹山キャンパス)、図書室(米山キャンパス) ※これらは自学自習や簡易打ち合わせにも利用できます
  • ・ キャリアサポート・センターによるマンツーマンでの就職指導
  • ・ 学費サポート(各種奨学金制度や教育ローン)などの利用アドバイス

■教育情報の公表