入試情報

アイコン
一般選抜 個別試験型 併願

【第1次試験(学力試験)】と第1次試験の合格者を対象に実施する【第2次試験(面接試験)】の結果を総合的に評価する入試制度です。出願資格に評定平均値や卒業年度等の条件はありません。

●募集人員

事業創造学部 事業創造学科
10名
情報学部 情報学科
10名
アニメ・マンガ学部
アニメ・マンガ学科
10名

●出願資格

次のいずれかの条件を満たす者。

(1)高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)卒業の者または2023年3月高等学校卒業見込みの者

(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者または2023年3月修了見込みの者

(3)学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者または2023年3月31日までにこれに該当する見込みの者

※詳しくは、文部科学省ホームページ「大学入学資格について」をご確認ください。
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shikaku/

※外国人留学生は日本語能力試験N2以上に相当、または日本留学試験(EJU)の日本語科目(読解・聴解および聴読解)において200点以上に相当する日本語能力を有し、入学後の生活および本学での勉学において支障がないこと。

●試験日程

学部 全学部
出願期間 2022年12月23日(金)~ 2023年1月20日(金)
入学選考試験日 第1次試験(学力試験)2023年2月3日(金)
第2次試験(面接試験)2023年2月10日(金)
合格発表日 第1次試験(学力試験) 2023年2月8日(水)
第2次試験(面接試験) 2023年2月17日(金)
入学手続期間 2023年2月17日(金)~ 2023年3月3日(金)

●試験会場

第1次試験(学力試験)

【新潟会場】開志専門職大学 紫竹山キャンパス

〒950-0914 新潟県新潟市中央区紫竹山6-3-5

【東京会場】TKP神田ビジネスセンター

〒101-0053 東京都千代田区神田美土代町3-2 神田アベビル

【長野会場】信濃毎日新聞社

〒380-8546 長野県長野市南県町657

【郡山会場】国際医療看護福祉大学校

〒963-8811 福島県郡山市方八町2-4-19

第2次試験(面接試験)

【新潟会場】開志専門職大学 紫竹山キャンパス

〒950-0914 新潟県新潟市中央区紫竹山6-3-5

【自宅等オンライン】
※クリックすると「オンライン面接試験マニュアル」が開かれます。

自宅等の通信環境からオンライン面接システム「harutaka(ハルタカ)」を使用して実施。

●選考方法・試験科目【第1次試験】

2023年2月3日(金)

出願書類および下記の試験結果を総合して評価します。

事業創造学部
アニメ・マンガ学部
必須 1時限目 国語
選択科目 1科目を選択 2時限目 英語、地理B、世界史B、
日本史B、現代社会、簿記・会計
数学I・Aのみを受験 3時限目 数学I・A
情報学部
選択科目 国語のみを受験 1時限目 国語
1科目を選択 2時限目 英語、地理B、世界史B、
日本史B、現代社会、簿記・会計
必須 3時限目 数学I・A

●調査書等の出願書類は得点化せず出願資格の確認や入学後の参考資料として活用します。

●試験は、1科目を60分とし、各科目100点満点にて判定します。なお、解答方式は全問マークシート方式です。

●2時限目は、試験当日に「英語」「地理B」「世界史B」「日本史B」「現代社会」「簿記・会計」から1科目を選択することができます。

●事業創造学部、アニメ・マンガ学部を第1志願として2時限目と3時限目の選択科目両方を受験した場合は、受験した2科目のうち高得点の科目を合否判定に使用します。また、1時限目と2時限目のみ、または1時限目と3時限目のみの受験も可とします。

●情報学部を第1志願として1時限目と2時限目の選択科目両方を受験した場合は、受験した2科目のうち高得点の科目を合否判定に使用します。また、1時限目と3時限目のみ、または2時限目と3時限目のみの受験も可とします。

●試験問題の難易差により科目間に不公平が生じたと判断された場合は、科目選択による不公平を是正する調整を行うことがあります。

●事業創造学部または情報学部を第1志願として出願する場合、第2希望の学部を志願することができる【第2志願制度】を利用することができます。なお、アニメ・マンガ学部を志願する場合は、第2志願制度は利用できません。

●第2志願制度を利用して、事業創造学部と情報学部の両方を受験する場合は、1時限目の国語と3時限目の数学I・Aの2科目を受験することが必要です。なお、1時限目の国語と3時限目の数学I・Aの他に2時限目の選択科目を受験した場合は、事業創造学部、情報学部の必須科目の他に受験した科目の中で高得点の科目を合否判定に使用します。

【出題範囲について】

『英語』はコミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・英語表現Iとし、リスニングを除く範囲から出題します。『国語』は古文・漢文を除く範囲から出題します。

●試験時間

試験室入室 9:30~ 9:50
オリエンテーション 9:50~10:00
1時限目 国語 10:10~11:10
2時限目 選択科目 11:50~12:50
3時限目 数学I・A 14:10~15:10

●選考方法・試験科目【第2次試験】

2023年2月10日(金)

※第1次試験の合格者についてのみ第2次試験を実施します。

第1次試験および面接試験の結果を総合して評価します。

●面接試験は個人面接方式での実施を予定しています。

●面接試験はオンライン面接方式での実施を予定しています。

1)事業創造学部・情報学部

面接試験

●面接試験はオンライン面接を予定しています。

選考方法 内容 試験時間
面接試験 個人面接 10分程度
2)アニメ・マンガ学部

面接試験

面接試験はオンライン面接方式を予定しています。

選考方法 内容 試験時間
面接試験 個人面接(面接試験資料に基づいた質疑応答)※面接試験資料のコピーを準備してください。 15分程度

アニメ・マンガ学部では、志願者自身が作成した「絵」や「スケッチ」等を「面接試験資料」として提出していただきます。面接試験では面接試験資料に基づいた質疑応答等を行います。提出した面接試験資料のコピーを準備してください。これは、「描く力」を評価するものではなく、絵を描くことへの意欲を確認するものであり受験時の技量については問いません。

●アニメ・マンガ学部の面接試験資料について

人物のキャラクターがメインで描かれているもの

・枚数 3枚

・サイズ A4

・白黒・カラーは問いません。

・手描きまたはデジタルで志願者自身が作成したイラスト

・マンガ原稿

・キャラクターデザイン画またはその下書きやラフ画

●提出について

・A4サイズ原本もしくは原本のコピー、またはデジタルデータをプリントアウトしたものをお送りください。

・コピーとプリントアウトしたものが混在していても問題ありません。

・提出の際は、資料の裏面右下にフルネームを記載してください。

・デジタルデータでの提出は受け付けません。また、提出いただいた資料の返却は行いません。

●試験時間

※準備中

●開志専門職大学 特待生制度について

【開志専門職大学 特待生制度】は、「一般選抜個別試験型」および「特待生選抜試験」の受験者に共通で課される科目試験において優秀な成績を収めた方に対し、入学後の授業料を免除する制度です。 一般選抜 個別試験型の受験者は自動的に「開志専門職大学 特待生制度」の選抜対象となり、採用された方には「合格通知書」に「特待生採用通知」を同封して送付します。

●選択科目の受験について

一般選抜 個別試験型の第1次試験の選択科目は最大で2科目まで受験することが可能です。選択科目を2科目受験した場合は、事業創造学部、情報学部、アニメ・マンガ学部それぞれの必須科目の他に、受験した2科目から高得点の科目の得点を合否判定に使用します。

選択科目組み合わせ図

※〔第2志願制度〕を利用の場合は、『国語』と『数学I・A』の2科目の受験が必須となります。

選択科目組み合わせ図

●第2志願制度を活用した出願について

一般選抜 個別試験型では、一度の出願で第2志願の学部までを志願することができる「第2志願制度」を設けています。事業創造学部、情報学部の両方に興味のある方は「第2志願制度」を活用することで、第1志願で合格とならなくても、第2志願で合格となることがあります。なお、アニメ・マンガ学部を志願する場合は、第2志願制度は利用できません。

第2志願制度の活用例

第2志願制度の活用例の図

事業創造学部を第1志願とした場合は、情報学部へ第2志願合格となる場合があります。

●出願書類

一般選抜 個別試験型は「Web出願」となります。出願書類の提出については郵送(簡易書留速達)とし、出願期間最終日までの消印を有効とします。なお、持参による受付は行いません。

入学志願票 写真票 宛名ラベル 学修計画書
オンライン面接試験
チェックリスト
高等学校調査書または
該当する出願資格に係る書類
面接試験資料
※アニメ・マンガ学部のみ
WEB出願はこちらから

※学校推薦型選抜に出願される方

Web出願にて出願登録と入学検定料のお支払い完了後に、小論文事前提出課題が確認できます。
お早めに出願手続きを完了させてください。