<開志のまなび>事業創造学部「企業内実習Ⅰ」成果報告会レポート

2021年12月15日(水)、事業創造学部 1年生による「企業内実習Ⅰ」の実習成果報告会が行われました。
「企業内実習Ⅰ」は、1年次の後期から始まる実習科目です。今年度は学生全員が11社の実習先企業に分かれて実習を行いました。

報告会では、学生が実習先で得た学びや気付きを資料にまとめ、第1部:プレゼンテーション、第2部:ポスターセッションの形で発表が行われました。


▲第1部:プレゼンテーションの様子

当日は、学生や教職員だけでなく、実習先企業の方も来学。各チームの発表に対して、さまざまな角度から講評を頂きました。

 

第2部はフリー形式でポスターセッション

第2部のポスターセッションでは、各チームごとに作成した資料をポスターとして掲示し、企業の方や教員に向けて詳しく説明。評価や感想を付箋で貼っていただき、直接学生へのフィードバックを頂きました。

 

報告会終了後、各チームのポスターは自由に閲覧できるよう構内に掲示されました。

長期企業内実習は、ビジネスの現場ならではの生きた知識や経験を得ることができる、専門職大学ならではの学習プログラムです。
実習で身に付いたビジネスマナーや対応力、自ら考え行動する力は、いざ社会人になった時、大きなリードにつながるはず。
学生自身によるプレゼンを通じて、開志専門職大学の学びを体感できる時間となりました。

 

今回ご紹介した事業創造学部について詳しくはこちら

事業創造学部の長期企業内実習について詳しくはこちら

開志専門職大学のオープンキャンパス情報はこちら

トピックス一覧