2022年度 開志専門職大学 入学式レポート

2022年4月9日(土)、りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館にて、2022年度 開志専門職大学 入学式が実施されました。

昨年同様、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、会場を訪れたのは新入生と教職員のみ。保護者の皆様は、ZOOMを使用したオンライン形式でご参加いただきました。

 

式典は開式の辞で幕開け。まずは北畑隆生学長から新入生へ入学許可を行ったのち、式辞が贈られました。

▶北畑学長 式辞全文はこちら

来賓祝辞では、新潟市の中原八一市長からのビデオメッセージが上映され、その後祝電が読み上げられました。
続いては、事業創造学部 德田賢二学部長、情報学部 三上喜貴学部長、アニメ・マンガ学部 神村幸子学部長と、3学部の学部長から新入生へのエールが贈られました。

 

その後、新入生を代表し、情報学部の新入生 瀬下采未(せじも ことみ)さんによる決意表明が行われました。

「コロナ禍を契機に急速に進展するデジタル化ですが『デジタルディバイド』と呼ばれる情報格差が問題となっています。デジタルの社会への定着を図るには、デジタルへの接触機会を増やしその価値を実感できるようにするなど、全ての人にデジタルの恩恵を受けられる機会が必要となります。私はデジタル化に対する不安感を減らし、デジタルへの接触機会を増やしてもらうための改善策としてセキュリティ対策に着目し、セキュリティエンジニアとして必要な知識や技術について4年間を通して深めていきたいと考えています。開志専門職大学では、自らの目標に向かって全力で挑戦できる環境があると確信しています」。(一部抜粋)

瀬下さんによる大学生活への決意表明の後、閉会の辞を以て式典は閉幕。
その後ステージでは、在学生による専律会の紹介と、サークル紹介が行われました。

穏やかな春の日差しが降り注ぐなか、新たなスタートを切った開志専門職大学の新入生たち。


キャンパスライフや学びの様子は、本学ウェブサイトでも随時ご紹介していきます。

 

▷トピックス一覧はこちらから

トピックス一覧