<アニメ・マンガ学部 belne教授>第25回文化庁メディア芸術祭 功労賞を受賞しました

<教員活動紹介>アニメ・マンガ学部 belne教授

アニメ・マンガ学部 belne教授が、第25回文化庁メディア芸術祭 功労賞を受賞しました。
belne 教授は、プロのマンガ家として創作活動に励む傍ら、マンガ家を志望する若い世代や新人マンガ家の育成に尽力されてきました。その功績が称えられ、このたびの受賞に至りました。

「第25回文化庁メディア芸術祭 功労賞」詳細についてはこちら

 

belne教授
<略歴>マンガ家。1976年デビュー。代表作「異端文書」(朝日ソノラマ刊)。
京都精華大学 マンガ学部で14年間講師を務める。共著に「マンガで読み解くマンガ教育 (京都精華大SEIKAマンガ教育研究プロジェクト)」、週刊少年マガジン「ゴッドハンド輝(山本航暉)」の構成・監修・原作協力(筆名:天碕莞爾)。新潟マンガ大賞二次審査員。

アニメ・マンガ学部について詳しくはこちら

トピックス一覧