<情報学部 西川浩平 講師>6年連続 IBM Championを受賞しました

▲(写真)IBM Champion ジャケット着用の情報学部 西川浩平先生

<教員活動紹介>情報学部 西川浩平 講師

情報学部 西川浩平 講師が、6年連続でIBMのIBM Champions Programにより、IBM Championとして表彰されました。

IBM Championとは

IBM Champions Programは2022年現在、世界中で778名の専門家を選出しています。開発者、ビジネスリーダー、経営層、学者など、全世界のITに携わる人に向けたインフルエンサーとして認定され、IBMのソリューションやソフトウェアに対し、年間を通してテクニカルコミュニティーに優れた貢献をしたエンジニアを表彰する制度です。

▶2022年 IBM Champion表彰者はコチラ

 

西川浩平先生から高校生の皆さんへメッセージ

IT、つまり情報技術は社会になくてはならないものです。ITを扱うために理系や文系問わず、誰でも目指すことができる仕事です。

プログラミングが必須と思われていますが、実態は違います。美容師や小説家、演奏家、医師、教師などからシステムエンジニアになった人もいます。

人が困っていること、社会が困っていることを解決するためにものを作る仕事がITの仕事です。皆様がITの仕事に興味を持ってくださることをお待ちしています。

 

西川 浩平 講師
<略歴>金沢工業大学大学院工学研究科修了。GBS(JBグループ)等に勤務。クラウド分野で経営企画、営業、開発、AI開発研修講師に従事。2017より6年連続で IBM Champion選出。

<担当科目>「API実習」、「クラウドベーシック&マーケティング」、「クラウドプラットフォーム実習Ⅰ・Ⅱ」など。

▷情報学部の詳細はコチラ

▷IBM Championの詳細はコチラ

トピックス一覧