情報学部 / 情報学科
教員紹介

  • 情報学部

    三上 喜貴 学部長/教授(副学長)

    MIKAMI Yoshiki

    担当科目

    トップランナー研究

    産業界において先進の取り組みを実践している事例についての考察・研究を通じ、専門職業人としての心構え、考え方、行動指針等を理解し、自己の職業観確立のための一助とすると共に、思考力、判断力、実践力の向上を目指す。

    国際文化と伝統

    グローバルな視点を深め、異文化理解を進めるために国際文化交流の基礎となる日本と世界の伝統文化や生活文化について学ぶ。

    臨地実務実習Ⅰ・Ⅱ

    社会人・企業人に必要な姿勢や心構え、課題解決力をビジネスの現場で直接学び、業界のプロとして求められる実践力・応用力を身に付ける。

    東京大学工学部計数工学科数理工コース卒業。通商産業省(現経済産業省)などで勤務。ハーバード大学国際問題研究所研究員、長岡技術科学大学理事・副学長、放送大学客員教授、日本MOT学会会長を歴任。博士(政策・メディア)。

  • 実務家教員

    情報学部

    磯西 徹明 教授

    ISONISHI Tetsuaki

    担当科目

    コンピュータアーキテクチャ

    アーキテクチャの意味を理解し、ノイマン型コンピュータの基本構成とその動作について学ぶ。

    クラウド技術概論

    クラウド・コンピューティングについて環境構築から開発運用のリードタイム短縮につながる技術の原理とその有効活用方法を学ぶ。

    IoT実習

    AI・IoT演習での学びを基に、より大規模なAI、IoTの構築・管理・検証を、実習を通して体系的に学ぶ。

    新潟大学修士修了後、三菱電機入社。マサチューセッツ工科大学客員研究員、三菱電機インフォメーションシステムズ製造事業部長、中部支社長等を歴任。

  • 実務家教員

    情報学部

    上野 衆太 教授 博士(工学)

    UENO Shuta

    担当科目

    情報通信ネットワーク

    情報通信ネットワークの技術体系と基本的構造、運用ポリシー、運用体系を学ぶ

    システム開発技術

    多数のコンピュータ、スマートデバイスで稼働するシステムの設計を、ネットワーク活用も含め学ぶ

    分散型台帳技術

    分散型台帳技術の特長や歴史を理解し、ブロックチェーンの仕組みや技術、分散型志向の設計と制作を実践的に学ぶ

    日本電信電話(株)(NTT)通信研究所にて通信システム、無線システムの開発に携わる。

  • 情報学部

    後藤 幸功 教授 博士(情報科学)

    GOTO Yukinori

    担当科目

    データ構造とアルゴリズム

    計算機で扱われる基本的なデータ構造と、アルゴリズムの考え方や表現方法、代表的なアルゴリズムとその原理を学ぶ。

    オペレーティングシステム

    プロセス管理、入出力管理、記憶管理などオペレーティングシステムの基本的性能とその原理を学修し、情報システムの動作の全貌を理解する。

    情報セキュリティ

    社会の基盤となっている情報システムに対し、安心・安全な情報システムを実現するための原理や設計方法を学ぶ。

    ネットワーク演習

    インターネットの管理・運用体制や代表的なネットワーク機器の仕組み、運用法、セキュリティを理解する。

    東京理科大学にて学術ネットワークの構築、JPNICの創設に従事。九州大学にて高速ネットワークを用いた大規模ビデオ配信システムの開発、ネットワーク運用に関する研究を行う。

  • 実務家教員

    情報学部

    鈴木 源吾 教授 博士(工学)

    SUZUKI Gengo

    担当科目

    データベースの基礎

    データを組織化して一括管理するデータベースについて、その基本であるリレーショナルデータベースについて、データベースの管理、操作、設計、データ検索を高速化する基本技術を理解する。

    確率論

    確率の概念および、確率変数、確率変数の関数、近似理論など、確率の基礎を学修するとともに、その応用例についても触れることで、確率の必要性を理解するとともに、統計学及び、さらにその先に続く多様な情報学へ取り組むための素養とする。

    統計学

    膨大なデータを収集し分析/解析するデータサイエンスの基礎として、基本統計量、検定、推定理論など、記述統計学・推測統計学を学修し、さらに、回帰分析、多変量解析の基礎を学修する。

    東北大学大学院で数学を専攻し,NTTにてデータベース・OSSなどのソフトウェア技術の研究開発に従事。工学博士。

  • 実務家教員

    情報学部

    髙嶋 洋一 教授 博士(工学)

    TAKASHIMA Yoichi

    担当科目

    微分積分

    専門分野への応用に備えて、微分積分法の基本事項の習得をする。

    ネットワークプログラミング実習

    WebプラウザとWebサーバでのやりとりや、プログラムがどのようにデータを処理しているかなど、ネットワーク上で情報をやりとりするプログラムに関する一連の知識・技術を習得する。

    サイバーセキュリティ実習

    高度化するサイバー攻撃に対抗するには、攻撃者と同等もしくはそれ以上のハッキング手法、および解析技術が必要であることを理解し、実習を通して実践的な技術を習得する。

    横浜国立大学卒業・工学博士。日本電信電話(株)(NTT)の研究所にて情報セキュリティ(特に電子透かし技術)、IoT基盤技術、音声翻訳技術等に携わる。

  • 情報学部

    田代 秀一 教授 工学博士

    TASHIRO Shuichi

    担当科目

    情報の基礎

    「物質」、「エネルギー」に並ぶ第三の概念である「情報」について本質を理解し、人間社会とのかかわり、意義、課題について理解する。

    情報産業論

    情報の収集、整理、分析、加工、伝達等により価値を生み出す産業であることを解説し、情報産業の発展なしに人類の発展はないことについて理解する。

    現代の科学技術

    科学技術の成果は社会の隅々にまで浸透しており、生活のあらゆる場面で恩恵を受けていることについて理解する。いくつかの先端的科学技術をとりあげ、その概要や社会的意義、課題を学修する。

    産業技術総合研究所、情報処理推進機構でインターネット、文字コード、データ構造などの国際標準化を推進。現ISO/IEC文字コード規格委員会議長。

  • 実務家教員

    情報学部

    平川 秀樹 教授 博士(情報理工学)

    HIRAKAWA Hideki

    担当科目

    マシンラーニング

    マシンラーニング(機械学習)とは、人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能を、コンピュータで実現しようとする技術・手法であることについて理解するとともに、AI技術の一つであるマシンラーニングについて、演習を通して学修する。

    微分積分

    専門分野への応用に備えて、微分積分法の基本事項を習得する。数列や関数の極限の概念に習熟し、1変数関数の微分積分、多変数関数の偏微分、重積分と微分方程式について、具体的な計算が出来ることを目指す。

    情報科学基礎

    情報をどのように表現し、伝送するか。情報を処理するとはどういうことか。これらを体系化した学問である「情報理論」と「離散数学」の基礎を学ぶ。

    (株)東芝の研究所で自然言語処理研究に従事、製品開発/市場開拓に展開。マサチューセッツ工科大学、東芝ロンドン拠点など海外勤務。

  • 実務家教員

    情報学部

    堀川 桂太郎 教授

    HORIKAWA Keitarou

    担当科目

    AI実習

    AIの要素技術について実社会において生成された技術を活用し、プログラムやアプリを作成する技術・知識を学ぶ

    プログラミングⅠ

    データ構造と制御に係るプログラミングの基礎と必要な各種操作を学ぶ

    データ構造とアルゴリズム

    計算機で扱われる基本的なデータ構造と、アルゴリズムの考え方や表現方法、代表的なアルゴリズムとその原理を学ぶ

    日本電信電話(株)(NTT)の研究所にてソフトウェアにかかわる研究・開発・運用・ビジネス・マネジメントを実践。

  • 情報学部

    宮元 万菜美 教授 博士(商学)

    MIYAMOTO Manami

    担当科目

    情報リテラシー

    情報環境やソフトウェアの仕組みと活用方法、ルールやマナー、潜在する脅威と対応法を学ぶ

    情報と経営

    企業に存在する様々なデータに基づいて判断、行動するデータ駆動型経営を学ぶ

    社会心理・消費者行動研究

    マーケティング戦略の構築における社会心理・消費者行動の重要性を学ぶ

    日本電信電話(株)(NTT)等で活躍。早稲田大学大学院ビジネススクール、明治大学経営学部非常勤講師を兼任。

  • 情報学部

    小野山 博之 准教授

    ONOYAMA Hiroyuki

    担当科目

    サイバーフィジカルシステム基礎

    IoTデバイスに関する基礎知識やデバイスとワンボードマイコンとの接続の基礎技術、フィードバック制御及び制御理論の基礎、画像処理と表示技術の基礎を習得する。

    ハードウェア設計

    コンピュータやスマートデバイス、各種センサー類を活用し、求められる機能・性能を実現するハードウェアの設計能力を学ぶ。また、ロボットやIoTの実践・実習でも必要となる3Dスキャナ・3Dプリンター等の機器の利活用技法についても学ぶ。

    ロボティクス実習

    単腕ロボットやヒューマノイド型ロボットの運動制御、およびそのためのシステムインテグレーションを修得する。また、構造体・動力伝達部位などを構成するアクチュエータ・モーターの原理・機構や制御プログラミングなどについて学ぶ。

    京都大学大学院農学研究科地域環境科学専攻の博士課程修了後、立命館大学助教、同大学准教授を経て現在に至る。農業情報工学および農業機械のロボット化に関する研究に従事。博士(農学)。

  • 実務家教員

    情報学部

    西川 昌宏 准教授

    NISHIKAWA Masahiro

    担当科目

    デザイン・シンキング概論

    デザインに必要となる考え方や手法等を駆使して課題解決手法や新しい商品・サービスを生み出す手法であるデザイン・シンキングの考え方、課題を解決するための手法やプロセス、チームでの課題解決に必要なチームワークやコミュニケーション力、ディベート力の必要性を学ぶ。

    デザイン・シンキング実習Ⅰ・Ⅱ

    課題解決の各種手法を実践するため、少人数グループを作り、調査・情報収集を実施し、課題を見つけ、解決策を検討・実施評価するデザイン・シンキング手法を、特にその後の課題解決案の検討を重視して実施する。

    ユーザエクスペリエンス

    ユーザエクスペリエンスとは、製品やサービスの利用を通じてユーザーが得る経験であり、よいユーザエクスペリエンスを達成するための理論とプロセスや手法に関する知識について学ぶ。

    早稲田大学法学部卒業。NECに入社、広告宣伝、マーケティング業務に従事。その後、デザイン戦略およびデザイン・シンキングの全社活用推進を担当。

  • 実務家教員

    情報学部

    江口 将史 講師

    EGUCHI Masashi

    担当科目

    没入型コンピューティング

    ユーザーの五感を含む感覚を刺激する技術について理解し、仮想現実(VR)実装技術などを体験を通じて学ぶ。

    没入型コンピューティング実習

    実際の業務・エンタテインメントでの利用を前提に、ユーザーの心理的・肉体的負担なども考慮したコンテンツの作成を行う。

    サンディエゴ州立大学修士修了後、日本マイクロソフトでエンジニア業務遂行。2018年より株式会社ホロラボにてAR/MR/VR企画開発案件にプロジェクトマネージャー職として従事。

  • 情報学部

    柄沢 直之 講師

    KARASAWA Naoyuki

    担当科目

    データベースの基礎

    データベース管理システムの目的や機能と、操作・設計の基本技術を学ぶ

    プログラミングⅠ・Ⅱ

    データ構造と制御に係るプログラミングの基礎と必要な各種操作を学ぶ

    ICT演習(応用情報)

    情報技術を活用した戦略の立案、システムの構築、運用サービスを学ぶ

    新潟大学工学部情報工学科にて、移動情報ネットワークや情報通信ネットワークの制御と性能評価に関する研究に従事。博士(工学)。

  • 実務家教員

    情報学部

    渋谷 修太 講師

    SHIBUYA Shuta

    担当科目

    マーケティング実践

    マーケティングのベストプラクティス、マーケティング戦略に取り組む姿勢について理解する。

    ソーシャルデザイン実習

    地域社会が抱える課題を解決するための技法について、プラン策定実習を通じて学ぶ。

    国立長岡工業高等専門学校卒業。筑波大学編入学。グリー株式会社にてマーケティングに従事。2011年11月フラー株式会社創業、代表取締役CEO就任。2016年、世界有数の経済誌Forbesにより30歳未満の重要人物「30アンダー30」に選出。

  • 実務家教員

    情報学部

    西川 浩平 講師

    NISHIKAWA Kohei

    担当科目

    API実習

    プログラム開発の生産性を高めるAPI技術について、実習を通じて体系的に学ぶ。

    クラウドベーシック&マーケティング

    クラウドコンピューティングサービスを活用したアプリケーションシステムの開発手法を学ぶ。

    クラウドプラットフォーム実習Ⅰ・Ⅱ

    クラウド技術概論、クラウドベーシック&マーケティングで学んだ知識や技術を基に、サービスモデルを設計・構築する。

    金沢工業大学大学院工学研究科修了。GBS(JBグループ)等に勤務。クラウド分野で経営企画、営業、開発、AI開発研修講師に従事。2017-2020 IBM Champion選出。

  • 情報学部

    PANN YU MON 助教 博士(工学)

    PANN YU MON

    担当科目

    ネットワークプログラミング実習

    実習を通し、ネットワーク上で情報をやりとりするプログラムに関する知識と技術を学ぶ。

    ICT演習(基本情報)

    各分野のシステムの企画や要件定義、開発プロセスを実践的に学び、利活用の技法を理解する。

    ICT演習(ハードウェア/ソフトウェア)

    IoTの企画・開発・利用に必要な技術と知識を、体系的に学修する。

    2011年よりミャンマーコンピュータ連合、ナイングループホールディング(株)、Flymya.com などで講師、MIS部門長、ITプロダクトマネージャーを務める。

  • 情報学部

    大和田 翔 助手

    OWADA Sho

    山形大学大学院理工学研究科機械システム工学専攻修士課程を修了。 その後、同大学の新学術領域分野にて2年間プロジェクト研究員として従事。 専門はロボティクス分野及び遠隔コミュニケーション。

  • 情報学部

    𠮷田 貴裕 助手

    YOSHIDA Takahiro

    新潟大学大学院にて物理学を専攻し、博士(理学)の学位を取得。新潟医療技術専門学校において非常勤講師として教育に携わる。新潟大学理学部にて特任助教として研究に従事。専門は素粒子理論、特に初期宇宙における物質・反物質非対称性の問題やニュートリノ物理。