開志専門職大学の新型コロナウイルス感染症対策および 受験生へのお願いについて

2022年1月20日

開志専門職大学
入試事務室

 

開志専門職大学の新型コロナウイルス感染症対策および
受験生へのお願いについて

 

 開志専門職大学は、2022年度一般選抜(個別試験型・共通テスト利用型)において、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し受験生の皆さんに安心して受験いただくため、以下のとおり感染対策につとめてまいります。
 つきましては、受験生の皆さんは以下の事項を確認いただき、ご理解とご協力をお願い致します。

 

 新型コロナウイルス感染症への感染や濃厚接触者に該当しやむなく受験を断念される方や、体調不良等により受験を見送る方は、別日程の試験への振り替えをご検討ください。その場合は新たな受験料は徴収しません。遠慮なく本学入試事務室(025-250-0203)までご相談ください。

 

1.本学における感染防止への取り組みについて

・試験室内は、機械換気による常時換気のほか外気の取入れによる換気を実施します。休憩時間は試験室の扉を開放します。
・試験会場入口、試験室入口等には、手指消毒液を設置します。
・試験監督者および案内誘導スタッフは、マスクを着用します。
・試験監督者および案内誘導スタッフのほか、試験実施に関わるスタッフは毎朝検温および体調の観察を行い、発熱および風邪症状等がある体調不良者は勤務しません。

2.受験生の皆さんへのお願い
【受験を認めない方】
 感染拡大防止の観点から、以下に該当する方は受験ができません。本学の実施する別日程の入学選考試験への振り替え受験を申請してください。
 学校保健安全法施行規則において出席停止が定められている感染症に罹患した場合は、感染拡大防止のため、学校保健安全法に準じた取り扱いとし、入学選考試験当日まで治癒していない方または出席停止期間を経過していない方(病状により医師において感染のおそれがないと認めた場合はこの限りではありません。)
(1)新型コロナウイルス感染症に罹患している方(試験前日までに主治医もしくは保健所から入院または自宅、宿泊施設での待機を解除されていない)
(2)新型コロナウイルス感染症罹患者の濃厚接触者として特定され、試験前日までに解除されていない方(注1)
(3)試験当日に37.5度以上の発熱がある方(注2)

(注1)濃厚接触者とは、保健所より濃厚接触者に該当すると伝えられた者を指します。無症状の濃厚接触者については 無症状の濃厚接触者の取り扱いについて を確認してください。
(注2)発熱・咳等の症状があり、試験当日に37.5度以上の発熱がある方は受験できません。本学の実施する別日程の入学選考試験への振り替え受験を申請してください。
なお、慢性的な疾患等により平熱が37.5度以上ある方は、本学入試事務室(025-250-0203)へ事前に連絡してください。

※上記の【受験を認めない方】に該当する方で不明な点がある場合は、試験日までに本学入試事務室(025-250-0203)に問い合わせてください。

 

無症状の濃厚接触者の取り扱いについて
 感染拡大防止の観点から、濃厚接触者の方は無症状であっても本学の実施する別日程の入学選考試験への振り替え受験を申請してください。
 ただし、以下の(ア)および(イ)すべてを満たす方には、個別の状況確認のうえ受験を認める場合があります。

(ア)試験日2日前までに本学入試事務室(025-250-0203)へ連絡があり、その後、本学の定める期日までに事実確認ができた場合。
(イ)以下①~③の要件をすべて満たし、その事実を本学が別に定める期日までに確認できた場合。
①初期スクリーニング(自治体または自治体から指定された医療機関が実施するPCR等の検査(行政検査)の結果、陰性であること
②試験当日も無症状であること
③公共の交通機関を利用せず、かつ、人が密集する場所を避けて試験会場へ来場すること

※本学から以下の事項を確認しますので、事前に準備をしておいてください。
・受験番号(受験票)、緊急連絡先
・濃厚接触者に該当すると判断した保健所の名称
・保健所から健康観察機関として不要不急の外出を控えるよう指示されている期間
・保健所によるPCR検査の結果(一般のクリニックの検査は不可)
・公共の交通機関を利用せず、かつ、人の密集する場所を避けて試験会場に来場する手段
※本学の定める期日までに事実確認が行えない場合や、期日以降に申し出を行った場合は、申請内容にかかわらず受験は認めません。

 

【試験日までの準備】

・日頃から、手洗い・手指消毒、咳エチケットの徹底、身体的距離の確保、「三つの密」の回避などとともに、バランスのとれた食事、適度な運動、休養、睡眠など、体調管理を心がけてください。

・朝などに体温測定を行い、体調の変化の有無を確認してください。なお、発熱・咳・強いだるさ・味覚や嗅覚の異常等の症状がある場合には、予め医療機関を受診し、適切な治療を受けてください。

受験に当たって、新型コロナウイルス感染症に罹患していないことの証明は必要ありません。また、新型コロナウイルスワクチンを接種していなくても受験することができます。

 

【試験日当日の対応】

・試験当日朝に各自で必ず検温してください。 また、試験会場入口にて非接触型体温計での検温を実施します。検温の結果、上記の【受験を認めない方】に該当する場合は受験ができません。本学の実施する別日程の入学選考試験への振り替え受験の申請等についてご案内しますので、試験会場スタッフの指示に従ってください。

※入構後(試験開始後(問題配付開始後)を含む)においても、上記の【受験を認めない方】に該当することが確認された場合は、他の受験生への感染拡大防止の観点から、当日の試験はそれ以降、 受験できません。本学の実施する別日程の入学選考試験への振り替え受験の申請等についてご案内しますので、試験会場スタッフの指示に従ってください。

・試験当日に受験生本人が37.5度以上の発熱がある場合については、【受験を認めない方】(4)(注2)を参照してください。

・感染拡大防止の観点から、大学側の判断により個別に検温等を求める場合がありますので、その際は指示に従ってください。

・37.5度までの発熱が無くとも、発熱・咳等の症状がある方は、入場の際に試験会場スタッフにその旨を申し出てください。個別に検温等を求める場合があります。
※慢性的な疾患等により平熱が37.5度以上ある方は、本学入試事務室(025-250-0203)へ事前に連絡が必要です。

・試験当日は症状の有無にかかわらず、各自必ずマスク(文字や地図等のプリントがないもの)を正しく着用(隙間が無いよう鼻と口の両方を確実に覆う)のうえ来場し、試験会場では写真照合(本人確認)等の試験会場スタッフから指示があった場合や昼食時以外は常に着用してください。
※慢性的な疾患等によりマスクの着用ができない場合は、本学入試事務室(025-250-0203)へ事前に連絡が必要です。

・各自昼食を必ず持参し試験室の自席で食事をしてください。試験室の自席以外(受験者控室等)での食事は認めません。また、本学キャンパス内にあるカフェテリアは食事提供を行いません。

・試験会場入場の際、混雑を防ぐため試験会場の外で待機いただく等、時間がかかる場合があります。
時間に余裕を持ち試験会場までお越しください。

・本学では駐車場を用意しておりません。本学周辺の公道での駐車は、一時的な駐車であっても近隣の方への迷惑になるとともに、事故や渋滞の原因になります。本学周辺の自家用車による乗降および駐車はせずに近隣の時間貸駐車場をご利用いただくなどのご協力をお願いします。

・休憩時間や昼食時間も含め、他者との接触や会話は極力控えてください。

・試験室内では定期的に換気を行います。気温の変化に対応できるよう、試験当日は体温調整のしやすい服装で来場してください。

・試験会場内では身体的距離の確保にご協力ください。

・試験室に入室の際はアルコール消毒液での手指消毒を行ってください。(何らかの事情によりアルコール消毒が難しい場合は、受験生自身でこれに代わるものを準備し手指消毒を行ってください。)

・保護者または付き添いの方の試験会場への入場は認めません。

・試験会場内および帰宅途中のごみ箱にマスクを廃棄しないでください。また、各自寄り道などはせずに帰宅し、帰宅後はまず手洗い、うがいをするようにしてください。

・受験後に新型コロナウイルス感染症への感染が判明した場合は、本学入試事務室(025-250-0203)へ速やかに連絡してください。

・本学受験生が新型コロナウイルスに感染している事が判明した場合は、濃厚接触者の特定のために保健所等の行政機関へ個人情報を提供する場合があります。予めご了承ください。

 

トピックス一覧