学生の起業を支援!「開志エンジェルファンド1号」設立!

開志専門職大学は、本学学生で「起業したい!」「新しいことにチャレンジしてたい!」という意志とアイディアをお持ちの方を応援するための仕組みとして「投資ファンド」を設立します!

そのファンド名は 開志エンジェルファンド1号」といいます。

 

これをきっかけに本学内で起業のための資金支援ができるようになるので、今すでに「将来は○○のビジネスをやってみたい!」「自分で会社を作りたい!」「世の中の○○を私のアイディアでもっと素敵なものにしたい!」というアイディアをお持ちの方にとって絶好のチャンスが用意されました。

 

アイディアをお持ちの方、開志専門職大学でチャレンジしよう!

 

【開志エンジェルファンド1号とは?】
①新設の⼤学が外部のベンチャーキャピタルと提携した、 事業創造学部、情報学部、アニメ・マンガ学部で学ぶ学⽣の起業のための 1億円規模の大学ベンチャー投資ファンドです。
②起業家を育成する 事業創造学部の正規の授業と平⾏して、起業経験がある「実務家教員」が意欲ある学⽣を、学内の専⾨施設において、起業アイデア段階からベンチャー企業の設⽴、成⻑まで実践的に指導・鍛錬・育成することで、⽇本の若者起業家をシステマチックに育てます。また、情報学部、アニメ・マンガ学部も起業家を育成してまいります。 この仕組みは⽇本初の試みとなります。地元新潟を中⼼に⼤学発ベンチャーの育成、振興を図り、地域経済はもとより、⽇本経済の発展に貢献します。

 

【起業家育成教育の開志専⾨職⼤学】
事業創造学部では起業を⽬指す学⽣を対象に、事業創造に関する幅広い知識や理論を学ぶとともに会社設⽴、資⾦調達、経営等に関する実務についてプロフェッショナルなスキルを⾝につけることを⽬的としています。ベンチャー企業の成功者から直接話を聞く トップランナー研究 先端企業の現役の社員や客員教授・特別講師等による講義 ⻑時間のインターンシップ(660時間(約5か月)の企業内実習)など特⾊あるカリキュラムを実践しています。

 

【イノベーション⼒研究所 創業⽀援センターがみなさんのアイディアやチャレンジ精神をバックアップ】
開志専⾨職⼤学の学⽣ 卒業⽣ 起業に興味がある若者 開志ビジコン(ビジネスコンテスト)成績優秀者等を中⼼に、起業家道場を開催し、学⽣の起業意識を⾼め、起業活動を実践的に⽀援します。専⾨性の⾼い学内教授陣による講義や演習を通じた教育活動に加えて、意識の⾼い学⽣を起業家として成功させるためのノウハウを伝授、鍛錬します。 開志専⾨職⼤学 紫⽵⼭キャンパス2F に専⽤の道場スペースを設置します。エンジェル投資家、地域企業、NSG グループ企業、⾏政との連携による産官学による、理論と地域と実践が融合した起業加速システムの創造を⽬指します。

トピックス一覧