特別講師一覧

世界を旅する事業家が描く教育x地方創生プロジェクト 遠藤まさみ氏

大学生向け超実践型ビジネス研修「武者修行®プログラム」の運営を軸に、就職活動や起業など若者の叶えたい未来をとことん支援。2020年より地方創生事業もスタートし、「すべては若者のために」をキャッコピーに、若者が思い切りチャレンジできるまちづくりを日本各地で展開している。
超実践型ビジネスプログラムを通して、地方の盛り上げと若者が起業しやすい仕組みを作りたい。

開志専門職大学

遠藤さんのお仕事内容について教えてください。

遠藤まさみ

「武者修行®プログラム」という大学生向けのインターンシッププログラムを、国内・海外、オンラインにて提供する会社を経営しています。最近は日本各地に出張し、プログラム開催地となる自治体や地方創生に関する団体の方々とお会いし、意見交換をすることが多いですね。

開志専門職大学

具体的にどんなプログラムなのですか?

遠藤まさみ

実店鋪の新規企画担当者として、企画から検証、サービスや商品を実際に開発し顧客に届けるという、ビジネスの流れを一通り体験できる超実践型ビジネスプログラムです。

遠藤まさみ

学生はビジネスを学びながら、さらにチームビルディングや自身の成長にもチャレンジし、プログラムのゴールである「自走式エンジン?(=主体的に考え選択し行動する力)」の搭載を目指します。

遠藤まさみ

日本トップレベルのビジネスのプロフェッショナルと、組織開発やコーチングなどの資格保有者をファシリテーターとしてお招きしているので、非常に学びの多いプログラムだと思っています。

開志専門職大学

仕事の上での喜びは何ですか?

遠藤まさみ

プログラムに参加してくれた学生が「参加してよかった」とか「人生変わった」と言っているのを聞くと、自分ごとのように本当に嬉しいですね。経営者の観点では会社経営をすること自体が、コンサル時代には味わえない学びがたくさんあって毎日楽しいです。

開志専門職大学

この会社の今後の展望はありますか?

遠藤まさみ

直近の展望としては2つあって、1つはプログラムを通じて地方を盛り上げていくとともに、関係人口ネットワークを築いていきたいです。もうひとつは地方で若者が起業にチャレンジしやすい仕組みを作っていきたいと考えています。

学生時代こそ失敗を恐れず様々なものにチャレンジを。自分の経験値を積みかねていくことが一番大事。

開志専門職大学

学生時代にどんなことに熱中していたのですか?

遠藤まさみ

歴史とパソコンの勉強ですね。歴史は小学校の頃から大好きな教科で、教科書は常に丸暗記していました。それが高じて2013年から6年間、夫と世界遺産を見るために世界一周をしていました。パソコンは高校生の時に父のワープロを見て興味を持ち、NECのPC-98シリーズを買ってもらい勉強していました。

遠藤まさみ

今となってプログラミングは一切やっていないですが、その時に学んだシステムの知識やロジカルに考えるコツなどは、今も役に立っていると感じます。

開志専門職大学

学生時代にやっておくべことは何ですか?

遠藤まさみ

自分が好きだ、興味があると感じたことをとにかくやって欲しいですね。それは遊びでも何でもいいです。学生時代にしかできないこともたくさんあると思うので、悔いのないように思い切りチャレンジして欲しいです。

遠藤まさみ

あとはどんなジャンルでも構わないので、本を読むこと。理由は読書量が語彙力に比例していると思っています。

開志専門職大学

開志専門職大学の学生にメッセージをお願いします。

遠藤まさみ

失敗を恐れずに様々なものにチャレンジしてほしいです。学生時代の経験はどんなことでも、価値のあるものです。今はネットで簡単に他人の経験伺い知ることができますが、それはなんの意味もない。自分の経験値をしっかりと上げていく。その積みかねこそが、一番大事なことです。

特別講師 遠藤まさみ氏
株式会社旅武者 代表取締役

大手メーカー、専門商社を経て2001年より大手コンサルティング会社に転職。前職の経験を活かし、マネージャーとして、メーカー・財閥系商社・電力会社、ゴルフ業界最大手企業など、数十名〜数百名規模の国内・海外プロジェクトに携わる傍ら、新卒・中途採用面談や社内教育など、幅広く活躍。2013年に20代から目標としていたアーリーリタイアを実現し、夫と共に世界遺産を巡る海外放浪の旅へ。滞在中のベトナムにて代表・故 山口と意気投合し、『武者修行®プログラム』に参画。2019年5月に株式会社旅武者の取締役就任、2020年10月より故 山口より代表を譲渡され、現職に至る。

タップして進む タップして進む